新着情報

◆ドリプラ10周年記念・福島正伸 特別講座(第一回)◆(週一回配信)

【夢を応援し、人を育てる究極の支援者(ドリメン)のノウハウ公開】


夢.jpg


【第一回】 ドリメンは人の支援を喜びにする


■ドリプラにおいて、ドリメンは究極の支援者になることを目指しています。ドリメンの定義をもとに理想のドリメン像を見てみましょう。理想のドリメン像ですから、今の自分と比べてしまうと、とてもここまではできない・・・と思うかもしれませんが、誰もが初めから完璧にこなせるわけはありません。ただ、こんな姿勢で支援者になりたいと思うことが、スタートです。今の自分が理想の支援者になっていくことをイメージしながら一歩ずつチャレンジしていきましょう。

■ドリメンの定義は、「ドリメンとは、究極の支援者としてのあり方を、メンタリングを通じて学び、実践し続けることを決意した、やる気を引き出す集団」。ドリメンが目指すのは、究極の支援者集団です。ドリプラでの人の支援を通じて究極の支援者を目指していきます。そのために、メンタリング(個人の無限の可能性を引き出し、その人の能力を最大限に高め、発揮させる応援の技術)を繰り返し行う中で学び、実践し続けていくことを決意しています。ドリプラにおいては直接的にプレゼンつくりを応援することに目が行きがちですが、ドリメンに求められているのは人をやる気にさせること、自立型で夢を実現できる人にすることにあります。また最後の"集団"が意味するところは、ドリメンが一人の存在でなく、ドリメンが連携しあって支援していく集団だからであり、メンタリングを通じて幸せな世界を作っていくことにコミットメントしている人の集まりということです。このコミットメントを持って取り組み続けているのがプロということです。

■人は、チャンスがあれば人の応援をしたいもの・・。ここでは、なぜ人は人を支援していくのか考えてみます。


(1) なぜ人の夢を支援するのか

■あなたはなぜ人の夢を支援するのでしょうか? その答えの一つが、この世界を愛と平和で満たしていくことが、すべての人の幸せポイントだからです。人の夢を聞いて支援していこうと思うのも、その夢の実現がたくさんの人に幸せを届けてくれると感じているからだと思います。

■ドリプラで人が描く夢・事業は、人の人生経験からくる幸せの分かち合いです。人が経験してきた幸せの体験を、まわりの人に届けるために事業として取り組んでいく夢が発表されます。人の夢の実現は、幸せな人が増えていくということ。その夢を応援するために、すなわち幸せな世界を広げるためにドリメンの出番があるのです。


(2) 支援するのは人の本能

■人が集まっているところにいると幸せ、人から必要とされると幸せ、人のためになると幸せ、と感じますよね。ドリプラはたくさんの人との関係性の中で、仲間になったり、承認されたり、自己実現を味わうことができます。人間の欲求を満たすことができます。
ただここで注意が必要なのは、単純に欲求を満たそうとすると、その環境に依存をすることによって自分の欲求の実現を果たすことになります。ただ単純に欲求を満たすだけでなく、自立型姿勢を追及していることを常に頭に入れておくことが大切になります。

■人は誰しも人生の中で充実感を得たいと思っています。充実感を持って生きていくには、
・明確な目標を持つこと
・その目標達成には困難を伴っていること
・努力をする必要があること
・あきらめないでやり続けること
・自発的にやること
・喜びを分かちあえること
の要素が兼ね備えられています。

ドリプラのプレゼンテーションの中には、そのすべての条件が入っています。人がドリプラに取り組んでいる姿を見ることにより、充実体験を共有することができるかもしれませんし、自らの夢を見つけることができるかもしれませんね。


(3) 応援するということ

■ドリプラは、人を夢が叶えられる人、事業を成功させられる人に育てていく過程です。人を育てるということは、単に知識や手法を身につけさせるというだけではなく、それらを最大限に活かして、いかなる問題や困難をも乗り越えて、夢や目的を実現することができる人材を育てることにあります。

■人の応援をしていく中で、自ら学び、自らも成長していくチャンスがたくさんあります。ドリプラには自立型の考え方がありますが、自立型を実践する機会がいっぱいです。また、人が夢に向かう姿を見て勇気をもらうことができます。

■人を応援する中で、自分を成長させるために必要なことは、相手を変えるよりも自分を変えることです。そして、自分が成長するほど、相手も変わります。応援する中でこのことを理解していきます。わかってくれない相手に出会ったときに、その人を応援できることに感謝するほど、自分が成長することができます。その人は、神様があなたの成長のために雇ってくれた役者さんなのですから。


(4) 応援する場がドリプラに用意されている

■ドリプラは、人を応援する場が用意されています。人は誰でも、だれかの役に立ちたいと思っています。ただ応援できるといっても、支援者という立場を勘違いして、自分の欲求を満たすためにならないように、自立型の姿勢を学んだうえで支援を考えていきましょう。

■ドリプラでは、自分のできる範囲での支援を提供することができます。何をやらなければというものはありません。そうすると、何をやっていいのか迷ってしまうかもしれません。そのために、このマニュアルが用意されていますが、本当はドリメンにはマニュアルは必要ありません。あくまでマニュアルは迷った時に自立型姿勢を振り返るためにちょっと見るだけでよくて、あくまでも自立型の姿勢で支援を行っていくこと、実践していくことが求められています。


(5)ドリメンも自らの夢を追う人

■ドリメンとしてドリプラに参加するのは、人を応援するという人間のあり方を求めるだけではなく、ドリプラでメンタリングを繰り返し行うなかで、自らの仕事(事業・夢・会社の役割・家族の中の役割等)の中でも自立型姿勢でメンタリングを活用し、自分の周りを幸せの世界に変えていくことにつながっているのです。


(6) ドリメンの経験を仕事に生かす

■仕事では、自分が経験してきた喜びの体験の分かち合い。自分の幸せの体験が他の人へと広がっていきます。ドリメンの経験は、自立型姿勢を実践していくことで究極のドリメンへと進んでいくことにより、まわりの人に自立型姿勢の輪を自然に広げていきます。事業をやっている方は、従業員やクライアントに自立型が広がれば仕事がますますうまくいくようになりますし、会社員の方も部下が自然に育っていきます。コンサルタントの方は、自分が大好きになった社長や会社に貢献できる喜びをますます味わうことができます。仕事の中では厳しい環境に遭遇するときもあるかもしれませんが、そんな時こそドリプラを通じて知った、あきらないことの意味や人の勇気を思い出し、自分も一歩を踏み出すことができます。そういった意味では、厳しい環境こそノウハウをつかむチャンスですね。

■自己実現とは、夢に向かって、自己の可能性を最大限に発揮し、チャレンジし続けている状態。自己成長とは、困難や問題を糧にして、自己変革によって全人格的に成長すること。価値創造とは、理想的な社会に向けて、他人や社会のために新たな価値と感動を提供すること。そして、社会調和とは、まわりの人や社会と調和しながら生きているという実感です。他人の役に立ち、社会に貢献することで、自己の社会的な存在価値を創り、感動ある充実した人生をおくることができます。


(7) ドリプラを通じて生きることの意味を知る

■生きることは成長していくことだと思います。また、自分は何者であるか、何をするためにここにいるかを発見していく道でもあります。ドリプラで人を応援したり、たくさんの人との関係を経験したりする中で、自分がなんのために生きるのかという意味をつかむことができます。

■人生には課題がつきものです。釈迦は「人生は苦である」といっていますが、成長し続けるために私達には課題が提供され続けます。成長しなければ、今と同じような問題が繰り返し起きますし、成長すれば同じ問題は簡単に処理できるため、問題でなくなり、成長に合わせて次に立ち向かうべき課題が提供され続けます。ドリプラでは、誰の人生にも課題が繰り返し提供される場所なんだと、人の成長を見ながら実感することができます。だから、自分もいまの状況を受け入れ、前に進んでいく勇気をもらうことができます。そしてまわりの人に勇気を与えながら、生きていくことができるようになります。

■自分のことを信じられない人は、他の人を信じることはできません。目の前にいる人が自分の鏡となってくれます。自分のことを信じられない中で他の人を応援していても、応援される人にはあなたが自分を信じていないこと、その投影を人に持ってきていることがわかってしまいます。ドリプラを通じて、自分のことを本当に信じれるようになっていきます。


========================

来週は第2回、テーマは「ドリメンは自立型人材を実践する」です。

最後までお読み下さいまして誠にありがとうございました。

福島正伸

********************************************************************

発行元:株式会社アントレプレナーセンター
「ドリプラ世界大会10周年アニバーサリィ 事務局」
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-26-9 NSビル26 4F
TEL:03-3661-8008 / FAX: 03-3661-8135(アントレプレナーセンター内)

********************************************************************

このページのトップへ