ドリプラマガジン 日本中・世界中のドリプラ情報満載!実行委員会メンバーによるドリプラマガジン 不定期発行中

◆全8回マガジン講座◆「たった10分間で人生は変わる!」【第7回】ドリプラの不思議について

  • 2015年12月 9日

いよいよ、12月12日(土)TDCホール(東京ドームシティホール)にて、
第9回目となるドリプラ世界大会「ドリプラBIG BANG!」が開催されます!
それを記念して、本日より「感動と共感のプレゼンテーション大会」の創り方のノウハウを
「ドリプラ開催完全マニュアル」より抜粋して、全8回に渡って公開させていただきます。

★「ドリプラ開催完全マニュアル」は、12月12日ドリプラBIG BANG!会場(TDC)にて、
無料配布いたします。
<マニュアル内容紹介サイト>http://www.entre.co.jp/manual_dpp/
<ドリプラ観覧チケット>http://drepla.qt.shopserve.jp/

そして、今回は第7回となります!

【第7回】<テーマ>ドリプラの不思議について

20150719p-542.JPG

  • なぜ、見ている人々は感動の涙を流すのか?
  • 人が最も感動するのが、夢に挑戦する人たちの姿です。プレゼンターの本気の姿に感動しない人はいません。 さらに、ドリプラの会場全体が感謝で満ち溢れた空間であり、鳴りやまない拍手の中、すべての人々が涙を流します。

  • なぜ、プレゼンターは多くの見ている人々の前でも動じないのか?

  • 当日までに、毎日のように開催される相互支援会を通して、自分の限界を超えて、考え尽くし、
    とことん準備をします。
    その過程で、どんな困難が降りかかってきたとしても、誰に何と言われようとも、やり抜く決意ができるようになっているからです。

  • なぜ、プレゼンターの夢が実現できるようになるのか?

  • その理由は、三つあります。
    第一に、共感と感動によって、まわりの力を自分に集めることができるようになります。
    第二に、自分の力でどんな状況からも道を切り開く自立型の姿勢が身につきます。
    第三に、支援会を通して、一生涯の真のパートナーができ、さらに、全国にドリプラ仲間ができるからです。


  • なぜ、ドリプラは急速に全国に広がっていったのか?

  • ドリプラには、プレゼンターだけでなく、そこに関わるすべての人々をワクワクさせるノウハウがあります。
    そのノウハウは、公開されており、誰もが自由に使うことができます。
    それによって、どんな地域でも、業界でも、だれでも開催が可能なのです。

  • なぜ、ドリプラにかかわると全国に仲間ができるようになるのか?

  • ドリプラのテーマの一つが「相互支援」です。自分が相手を支援するほど、相手からも支援されるようになります。
    そして、それは国内外のどの地域・業界のドリプラに参加しても、みな自然に相互支援をする関係ができています。
    この相互支援の世界観があれば、戦争もなくなると信じています。

  • なぜ、ドリプラの主催者やスタッフは、どこでも最高の笑顔なのか?

  • すべてのスタッフが相互支援によって、つながっているドリプラの世界では、
    誰もが、自分の存在価値を実感することができ、自然に最高の笑顔になるのです。

  • なぜ、ドリプラは制約条件がたくさんあるのか?

  • 夢とは思い通りにならない環境の中で結果を出すことです。
    制約条件は、今までにないものを考え出して、自分の概念を超えていく必要があります。
    つまり、制約条件は成長条件なのです。
    誰でも、どんなに厳しい環境に置かれたとしても、必ず道を切り開くことができます。
    困難を乗り越える体験をすることで、自分の無限の可能性に気づくのがドリプラです。

  • なぜ、市場性ではなく、あきらめない理由が必要なのか?

  • 売れそうな商品・サービスだから始めるのではなく、自分の使命として始めるからこそ成功するのです。
    夢は、どんなに市場性があると思って始めても、思い通りにならないことが続くものです。
    その時、多くの人があきらめてしまいます。ですから、どんな困難に出会っても、自分だけのあきらめない理由が必要なのです。

  • なぜ、相互支援会を開催する必要があるのか?

  • 自分の限界を超えるためであり、一生涯の真の仲間をつくるためです。
    一人ではできないことを、まわりの力を集めることで実現する体験をするためです。

  • なぜ、ドリプラでは、賞金が出ないのか?

  • ドリプラは、人が成長する場です。自分の力で資金を集めることができるようになることが、
    何よりも大切なことだと考えます。資金に限らず、何もないところからはじめることもあるでしょう。
    そこで大切なことが、いかなる環境からでも道を切り開くことができる自立型人材になることです。

  • なぜ、ドリプラでは、見ている人々までが「メンターシート」を書くのか?

  • 夢は、まわりの力を自分に集めることで、その実現の可能性は飛躍的に高くなるからです。

  • なぜ説明禁止なのか?

  • 夢の価値に共感してくれる真の支援者(共感者)を集めるためです。

  • なぜ一人で伝えなければならないのか?

  • その方が難しいからです。これも制約条件の一つです。
    しっかり練習して、しっかり準備をしておかなければなりません。
    それができれば、その後のさまざまな状況の中でも自分の力で乗り越えていくことができるようになります。

  • なぜ、数字を示すことができないのか?

  • ドリプラでは夢の可能性を数字で示すことはできません。
    真の共感者を集めるためには、価値に共感してもらうことが必要です。
    可能性に人を集めるのではなく、価値に共感する人を集める。
    たとえ始めは可能性がないと思われるような夢でも、その価値に共有する人がたくさん集めることができれば、その可能性は高くなります。

  • なぜ、動画を使うことができないのか?

  • これもまた、その方が難しいからです。伝える内容によっては、動画を使うことで臨場感は強くなるでしょう。
    しかし、動画を使わずにその臨場感を伝えることができれば、プレゼン力を飛躍的に高めることができるようになります。

  • なぜ、事前録音の音声は使えないのか?

  • これもまた、その方が難しいからです。本番での自分の生の声で、伝えるためには、
    それなりの練習をしっかりとやっておく必要があります。
    自分の力を信じ、自分の力でやり向いていくことが必要になります。その努力は、プレゼン力を高めます。

このページのトップへ