ドリプラマガジン 日本中・世界中のドリプラ情報満載!実行委員会メンバーによるドリプラマガジン 不定期発行中

心で勝つプレゼンテーション講座&ドリプラ2015世界大会プレゼンターエントリー説明会開催中です!

  • お知らせ
  • ドリプラ最新動向
  • 2015年4月 3日

3/28(土)に「心で勝つプレゼンテーション講座&ドリプラ2015世界大会プレゼンターエントリー説明会」を開催いたしました。

そして同時にドリプラ2015世界大会プレゼンターエントリー受付がすでに始まっており、
全国各地からどんな夢が集まるのか、ワクワクしています。

エントリー資料は、下記の通りとなります。
 ☆夢の概要がひと目でわかるようにまとめた、A3のワンシート企画書/書類審査申込書
 ☆1分間の自己紹介映像

募集要項やエントリー資料はこちらからダウンロードできます。


心で勝つプレゼンテーション講座

今回のテーマ「心で勝つプレゼンテーション」では初の開催となった講座でした。

福島正伸の講座では、

「プレゼンテーション」とは一番素敵でかっこいい理想の自分を描き、実現させるためのものであり、そして「心で勝つ」とは、人を幸せにする価値、イメージを体験できる夢への共感だけでなく、
その夢をあきらめず実現しようと挑戦し続ける人への共感によって、自分に無いものを周りから集められるようになること
をお伝えしました。

テキストやシートを使った解説やワークを行いながら参加者同士で最高の価値とあきらめない理由を掘り下げ、夢を語り合うなどどんな夢でも実現できる人間になっていく考え方や事例、ノウハウを学ぶ大切な時間となりました。

2015-03-28 14.04.22.jpg

ドリプラ2015世界大会プレゼンターエントリー説明会

今回は2011年の清輔夏輝さんによるプレゼンテーション体験とそしてドリプラに出場した体験談を伝える場からスタートしました。

【Youtube】ドリプラ2011世界大会ファイナル 「あなたも誰かのサンタクロース」清輔夏輝さん
2015-03-28 17.02.36.jpg


サンタのような人を増やし、GiveGive me(何かをもらう幸せ)社会からFor you(何かを渡す幸せ)社会をつくる

チャリティーサンタは「世界中の子ども達を笑顔にしよう!」と相方と2人で始めました。

サンタに来てほしいご家庭からプレゼントと2000円をお預かりして、サンタになりたい人には講習を受けてもらって、プレゼントをクリスマスイブの夜に届けている活動です。

実はこの活動はプレゼントそのものを届けているだけの活動ではなく、
プレゼントをお預かりするときに親御さんに、この子がこの一年にできるようになったこと、頑張ったこと、来年に向けて頑張ろうとしていることなどの情報をもらい、サンタがお子さんにプレゼントを渡す際に伝えていっています。
また、お預かりした2000円は途上国の学習支援や福島の子どもたちの生きる力を育むツアーなどを行っています。

実際に活動が広がり、やっていくと、実は子供達でなくサンタになる人が変わっていっていることを感じ始め、今は子どもだけではなく子どもと大人に向けても活動始めています。

去年のクリスマスは1,700人のサンタが4000ものご家庭を訪問し、2008年から延べ12,000人以上に子どもプレゼントを届けました。

チャリティーサンタ活動.jpg

活動状況.jpg


ドリプラへの出場とその時の気持ち

2011年の震災直後の4月にバスで石巻に一週間ぐらいボランティアに向かい、そこで自分の無力さを感じ、「それならドリプラに挑戦しちゃえば?」とボランティアに一緒に行った先輩に誘われ、エントリーを決意しました。

ドリプラはずいぶん前から聞いていたものの、全然しらないままの参加だったので、
キックオフ合宿で初めてドリプラを体験し、試行錯誤の期間が長かったです。

でもそのおかげで「これでいこう!」という方針が決まり、
『あなたも誰かのサンタクロース』というコンセプトであり、
キャッチコピーのフレーズが見つかりました。

12月の本大会では結果として共感大賞をいただき、そのあとのつながりやいろんなきっかけもいただいてドリプラはとても満足する期間となりました。

ドリプラ感情曲線.jpg

ドリプラで得られたこと

ドリプラに出場した2011年は非常に忙しかったので、忙しかったからこそやって良かったと思っています。それをやらなかったら、その1年は新しい何かが形にならないまま忙しさに流されてしまったんじゃないかと思っています。

自分自身で本気で向き合える環境に身を置き、お金と時間をかけて取り組んだことでビジョンやコンセプトが明確になりました!

ドリプラでプレゼンをつくり、それを全国21の支部でサンタになる人には必ず見てもらっていますが、それからは「サンタってなんか楽しそう!」というレベルからより深い意味や意義まで理解いただき、ビジョンが浸透していきました。

また、企業との取組みでは、子供服メーカーのナルミヤインターナショナルの社長さんと部長さんがドリプラ2011に来て頂いていて、部長さんはその年のサンタになり、活動に共感いただき、社内研修としてお客様のご家庭にプレゼントを届けることになり、サンタの衣装を企画からデザインまで打ち合わせを行い、800着ぐらい一緒につくていただくことができました。そのつながりで今年の新入社員研修でもお話をさせていただきました。

また、ドリプラのプレゼンをしたことで、プレゼンや講演の依頼をいただくようになり、
そこでプレゼンしたらまた次へと紹介と口コミで50回ほど続きました。

でもドリプラは最後は人だなと思いました。
本気で向き合える環境で、いろんな年代の方と一生応援しあえる仲間、これまで出会った人より濃いつながりができました。

ドリプラで得られること.jpg

こんな人にオススメ!

価値が伝わりづらい事業・活動であればあるほど10分間のプレゼンを見てもらったときに「なるほど!」と観た人が分かる映像ができます。そして10分のプレゼンで疑似体験をしてもらうことで
「そんなできるの?仕事になるの?」という批判が共感、アドバイスに変わる経験をしました。

こんな人にオススメ.jpg

ドリメン体験談

プレゼンターは相互支援会の期間を通じて、夢をありありと描いていきます。
それを一人でなく、ドリプラの仕組みの中でプレゼンターを支えるのが、ドリームメンター。

今回は2013年のドリームメンターで、2014年はプレゼンターを支えるパートナーとして参加した、飛澤さんにどのような関わり、支援を行ってきたのか、お話しいただきました。

ドリメンの役割とは?、そしてどんなポリシーで支援を行っているのか?

ドリームメンターの役割は、
プレゼンターのやる気を引き出して、夢そして最大の価値を引き出すということ

プレゼンターが6ヵ月以上の時間をかけてプレゼンを練っていくところに、その人の人生の価値観や自分の軸がなかなか見えてこない。見えてこない中でどうやって最高の価値やあきらめない理由を引き出しいていくか、そしてそれをどんな風に実現させていくのか事業計画作りをサポートし、足りないリソースを集めていくお手伝いをしています。

そしてプレゼンターの持っているテーマや課題、悩みなどをみんなで相互支援していく。
プレゼンテーションをつくるというのは、簡単ではなく、「これで本当にいいのか?」といろいろ悩むんですが、シナリオが見えてきた、仲間がいてよかった、支援者・ドリメンがいてよかったという場面に出会えるのが私にとってはすごく喜びになっています。

今、まだ夢がぼんやりしていたり、思いがモヤモヤしている人にこそ
ドリプラの環境は非常に意味があると感じています。

ひとりひとりの夢をお互いに応援しあう環境で、プレゼンというひとつのものが人生をかえるような感動を生み出していきます。
是非一度でもこの環境に触れてみて欲しいと思います。


最後には、ドリプラ事務局長の川合径より今年のドリプラ2015世界大会の開催概要、プレゼンターエントリー条件などさせていただきました。
エントリー手順や審査書類のフォーマットは、下記のドリプラWebサイトをご覧ください。
http://drepla.com/drepla2015/entry.shtml

第2回「心で勝つプレゼンテーション&ドリプラ2015世界大会プレゼンターエントリー説明会」

第2回となる「心で勝つプレゼン講座&エントリー説明会」は下記のとおり開催です。

今回のプレゼンターは、2013年の感動大賞受賞者 笛木紀子さんにお越しいただきます。
プレゼンテーションと、ドリプラ体験談や夢の進捗などを語って頂きます。

■第2回開催概要
日時:2015年4月18日(土)午後1時-5時半
場所:国際ファッションセンターホール 2nd
    〒130-0015 東京都墨田区横網1-6-1 国際ファッションセンタービル 2F
【地図・アクセス】

参加お申込みはこちらから

会場でお会いできることを、楽しみにしています!

このページのトップへ