ドリプラマガジン 日本中・世界中のドリプラ情報満載!実行委員会メンバーによるドリプラマガジン 不定期発行中

11/24 世界大会プレゼンター4名が夢を語ります!

  • ドリプラ最新動向
  • 2011年11月23日

いよいよドリプラ本選まで、あと17日となってまいりました。
すべての人が夢を語る社会とつくろう、
夢に挑戦する人が本気の姿勢で夢を語り、応援が集まる舞台をつくれれば、
誰もが夢にあこがれ、新しい一歩が始まるきっかけになるはず。

その思いのもと、2007年の第1回大会以来ずっと開催してきました。

そして今年も、全国から集まったプレゼンターと一緒に、夢のプレゼンテーションの
準備を進めています。

プレゼンター情報はこちら

本選の舞台で発表するプレゼンテーションは、実は7月から約5カ月の時間をかけ、準備をしています。
説明説得ではない、事業の価値を体験してもらう、感動と共感のプレゼンテーション。
仲間を集めること、応援を集めること、そして見ている人に勇気を伝えるプレゼンテーションです。

ドリプラは、過程にあり。

プレゼンテーションを通じて、夢を伝えると同時に、プレゼンテーションをつくる過程で、夢を実現する人間に成長していくこと。

そんな目的も、ドリプラにはあります。

誰かに感動してもらう、共感してもらうプレゼンテーションは、一つ一つのシーン、一つ一つの言葉を厳選してつくります。

何万枚も撮った写真、事業の裏付けのためのアンケートなどのマーケティング、いろいろな方へのインタビュー。
そして自分自身の思いの確認と深堀り。

その過程を通して、一歩一歩夢の階段をのぼっていきます。
プレゼン作りとは、事業を作り上げることと同意義です。
そんなドリプラの過程を見ていただく機会があります。

ドリプラ世界大会にむけて壮行会 -夢を叶える"4分の1の奇跡"-

ドリプラ世界大会の予選に出場する4名がプレゼンテーションをして、応援する企画があります。
夢・実践会という、昨年までのコメンテーター篭池さんが主催する勉強会の企画です。

ちなみに篭池さん、今年はスタッフとして参加いただいています。

夢に挑戦する姿を見て、夢を考えるきっかけや刺激が欲しい方。
ドリプラ前にプレゼンを見て、残り17日で人はどこまで成長するのか体験したい方。
夢の応援をし、自分の夢についても考えたい方。
などなど

必見です。

・内容
 -ドリプラ2011に向けて、理想の国企画書の紹介
 -プレゼンテーション 4名 【辰島佳寿美さん、杉本さおりさん、佐藤毅英さん、丸山正彦さん】
 -交流&支援会

日時:11月24日(木) 19時より
会場:月島区民館 洋室 5号室洋室 (東京都中央区)
会費:2000円(当日払い)
参加申込はこちらから

このページのトップへ