ドリプラマガジン 日本中・世界中のドリプラ情報満載!実行委員会メンバーによるドリプラマガジン 不定期発行中

ドリプラ世界大会第5回プレゼンターエントリー説明会を開催しました

  • ドリプライベント情報
  • ドリプラ最新動向
  • 2011年6月 7日

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。

6月4日(土)にドリプラ2011世界大会の第5回エントリー説明会を開催しました。

会場は毎回大変お世話になっている、K.I.T.虎ノ門大学院さん。
毎回の説明会では、冒頭にK.I.T.虎ノ門大学院さんの夢を語って頂きました。
すべてのものは、夢があってつくられている。夢を持って、それを運営されている。
K.I.T.さんの思いは、人を応援する、夢を応援するというドリプラの思いにも通じています。
知財とITという専門分野で応援するのが、K.I.T.虎ノ門大学院さんです。
本当にいつもありがとうございます。

さて、エントリー受付が始まり、スタッフもワクワクしています。

今年はどんな夢が届くのか、どんな志と出会うことができるのか、楽しみです。


6月11日(土)に、プレゼンターエントリーに向けた特別ガイダンスを開催いたします。
ドリプラ2011世界大会の概要、エントリー案内をお伝えし、質問相談などの場といたします。
ドリプラプレゼンターに興味がある、知りたい、ワンシート企画書の書き方がわからないなど、ドリプラに関する一切のことがありましたら、お気軽にお越しください。

6月11日(土) 10:00-12:00 
特別ガイダンス
会場 (株)アントレプレナーセンター
東京都中央区日本橋蛎殻町1-26-9 NSビル26 4F

お申込みはこちらからお願いします。

歴代プレゼンターが伝えるドリプラとは

これまで開催した説明会では、歴代プレゼンターが実際にドリプラで経験したこと、学んだこと、感じたことをたくさんお話しいただきました。

  • ドリプラに出ると自分が起業家として成長することが分かっていたので、一緒に成長したい人をパートナーに選びました。
  • 仲間がいること、自分を応援してくれる人が、目の前にいること。悩むこと、気分が落ち込むこともありましたが、仲間がいてくれたからこそ、過去の自分を乗り越えることができました。
  • ドリプラの過程は、壁だらけです。そんなの無理、できないと思うこともしばしばでした。しかし、一緒にそれを乗り越えようとする同じプレゼンターがいたから、勇気をもらい、プレゼンテーションをつくることができました。あの大変な体験を経た今、実際に夢に向かう途中にいろいろと困難はやってきますが、あまり動じなくなりました。ああ、これを乗り越えればいいんだって(笑)
  • ドリプラが終わっても、自分の進捗を共有して相談できる仲間がいる。自分の現状をそのままさらけ出すことができる。そして、いつでも気にしてくれる仲間がいる。これは本当に財産です。

6/4(土)に開催した、第5回説明会にゲストプレゼンターとして登壇していただいた、2010年出場の石毛紀代子さんは、これからエントリーする方に向けて、素敵なメッセージを残してくれました。

ドリプラ本番までの過程は、本当に大変でした。
最後の10日間は、毎日睡眠時間が、10分とか、30分とか、数時間でした。
でも、プレゼンをやりきった後は、大変な事全てが、感動に変わりました。
たくさんの仲間もできていました。
幸せな100日間でした。
今も、その幸せが続いています。
ドリプラと出会えて、私の人生は、大きく変わりました。
自分の夢に挑戦する土台を作ることができました。
今は、何をしていても夢に向かっていると実感しながら生活しています。
皆さんには、ドリプラにエントリーして、夢に近づいて欲しいです。
挑戦する喜びを一緒に分かち合う仲間と出会って欲しいです。


その石毛さんは、自分自身の夢 シェアハウスの管理人として、日々頑張っています。

ドリプラは、人間が育つ場

プレゼンターが語るように、ドリプラまでの過程は、困難が多いです。
なぜそうなのか、それは、困難な状況を乗り越えてこそ、人が育つと信じているからです。

  • 環境を整えない
  • 制約条件を設ける

夢を実現するのは、一人ではできません。
だからこそ、仲間を集める必要があります。
その仲間も、自分の力で集めていきます。
すべては自分のまず一歩から。一歩の行動から。
夢の事業は、そうやって一つずつ課題を乗り越え、つくっていきます。

その過程の先に待っているもの、それは、感動であり、人生の充実感であり、夢を実現できる人間に成長していることです。

私は、過去いろいろなドリプラを見てきて、確信していることがあります。
それは、全ての人は可能性に満ち溢れていること。

どんなに悩んでも、どんなに落ち込んでも、どんなに夢を見失い、白紙になっても、そこから必ず自分を見つけ、夢を明確に描き、本人らしいプレゼンテーションを最後には行います。

すべての力を出し切って、一から作り上げます。
その姿に、周りの人は本気になり、真のパートナーを見つけていきます。
そこには、本当にかっこいい、笑顔にあふれたプレゼンターがいます。

それは、まさにすべての人が夢を語る社会の姿そのものだと思います。


今年も沢山のドラマが生まれます。
是非とも、夢に挑戦する人生を、これからも一緒に歩んでいきましょう!

ドリプラ2011世界大会エントリーは、只今受付中です。
エントリー書類提出は、6月20日必着です。

詳しくは、ドリプラWebサイトをご覧ください。


110604_information session.jpg

6/4の説明会のゲストプレゼンターと、運営スタッフの集合写真。みんないい笑顔です。

このページのトップへ