ドリプラマガジン 日本中・世界中のドリプラ情報満載!実行委員会メンバーによるドリプラマガジン 不定期発行中

ドリプラ2011実行委員会が始まりました

  • お知らせ
  • ドリプラスタッフ
  • 2011年3月 9日

こんにちは。
ドリプラ事務局の川合です。

先週から、今年のドリプラ2011に向けてドリプラ実行委員会の打ち合わせが始まりました。
思いと志を一つに、今年もドリプラの本質を追い求めて、準備をしていきます。

ドリプラ実行委員

大きく分けて、3つを実施していきます。

  1. ドリプラの企画と行動計画と品質管理
  2. ドリプラの理念とテーマを徹底! 自立創造、感動共感、相互支援
  3. 制約条件を楽しむ

?については、どういう会をつくるのかと同時に、理念とルールを理解し、『ここまでやるか!』というドリプラを生み出す準備をします。

?については、実行委員が率先してこのテーマを実践していきます。
ドリプラの雰囲気は、実行委員や関わるスタッフの雰囲気によってきまると思っています。
楽しく本気でやれば、そういう雰囲気になり、つらそうにやれば、夢もつらくなる。

?については、役割というか心がけとなりますが、運営する側自身が、ドリプラの制約条件を存分に楽しんでいきます。心から。
実はドリプラ、プレゼンターだけでなく、支援する側にも、スタッフにも制約というか、乗り越える壁があります。
えっ!そこまで!!ということも、楽しく学びながらやっていきます。

なんかこう書くと若干固く感じますね。自分で書いていて。

簡単にいうと、新しい時代をつくる仕掛けを、明るく楽しく元気よくやっていこう!
という感じです。飛躍しすぎですね。

何にしても始まりましたので、これからワクワクです。

specialstaff.jpg

メンバーもこれから徐々に増えていく予定です。

また、実行委員である無しに関わらず、多くの思いや志を感じながら、ドリプラを社会全体でつくっていければ最高と思っています。

私のゴールは、ドリプラが社会のインフラになること。

ドリプラというもがあることにより、誰でもどこでもいつでも夢を描くことができる。
それは、人類すべてにとっての希望です。

そんな位置付けにできるまで、やっていきます。

夢を叶えることのできる、人間に成長する場。

ドリプラが広がること、参加する人が増えることが、ドリプラの描く姿につながりますね。

夢に挑戦する大人に、子どもは心を奪われる。

今日もこれから打合せ。
存分に楽しんでいきたいと思います!

このページのトップへ