ドリプラマガジン 日本中・世界中のドリプラ情報満載!実行委員会メンバーによるドリプラマガジン 不定期発行中

ドリームプラン・プレゼンテーション実行委員長 福島正伸のドリプラ2010にかける想い

  • お知らせ
  • 2010年10月14日

ドリームプラン・プレゼンテーション(ドリプラ)は、わずか10分間でワクワクする夢を言葉と映像と音楽で伝え、その最高の価値を体験する夢の発表会です。会場は、想像を超えた感動に涙で溢れます。
今年は、国内外で40か所、来年は、1000か所の開催を目指しています。
このドリプラを全国・全世界に広げて、すべての人が夢と勇気と笑顔に溢れた社会を創ります。

ドリプラ2010の3日間について詳しく知りたい方はこちら

夢を語り、夢に挑戦する大人が一番格好いい!!

  • 夢は誰でも心の中にあるんだよ
  • 夢を語るのに遠慮はいらないんだよ
  • 夢は信じるほど、夢は膨らんでいくんだ
  • 夢は仲間をいっぱい連れてく
  • 夢はすべての人の人生を輝かせる
  • 他人の夢を応援するほど、自分の夢が実現する
    • ドリプラの完成まで15年

      私はこのドリプラの開催に向けて、15年間準備してきました。 国際的な起業家コンベンション、行政のさまざまなプレゼンテーション大会、大手企業の新規事業発表会などで、思考錯誤を繰り返してきました。 どうしたら、自分に足りないものを周りから集めることができるか? どうしたら、人の心を動かすプレゼンテーションができるか? 究極のプレゼンテーションとは何か?

      その結果たどりついたのが、事業の最高の価値を体験することと、その事業をどんなに苦しいことがあってもあきらめない理由を伝える、感動と共感のプレゼンテーションでした。

      僕には、ドリプラをどうしても世界中に広げていきたい理由があります。

      それは・・・

      学生時代、僕には夢がありませんでした。
      夢を見つけることができませんでした。

      何のために働くのかがわかりませんでした。
      友人からは、給料がないと生きていけない、と言われましたが、給料をもらうことが人生の目的ではないと思っていました。
      そのために、せっかく就職した会社もすぐに辞め、家も出て小さなアパートを借りました。

      アルバイトで生活費を得ていましたが、未来への希望は何もありませんでした。
      そんな僕に、家族はとても心配していました。
      友人や周りの大人たちから、
      「福島は間違っている!」と言われました。
      でも、どうしていいかがわかりません。

      僕は一人ぼっちになりました。

      僕はいったい何のために生まれてきたのか?
      自分の生きる意味を見い出したい。

      それから自分の夢を見つける旅が始まりました。
      その時やったことは、夢を持った人たちに会うことでした。
      とにかく毎日のように夢を持った人たちに会い続け、その数は、1年間で180人になりました。
      そして、同じ質問をし続けました。
      「夢とは、何ですか?どうしたら、夢が見つかりますか?」
      僕は、ずっとずっと悩み続けました。

      そして、とうとう自分の体験の中に、夢を見つけ出すことができたのです。

      「僕と同じように夢が見つからない人を応援しよう!」
      「その夢を実現する支援をしよう!」

      僕と同じように、つらい思いをする人を一人でも減らしたい。

      それから25年間、僕はずっと夢を追いかける人たちの応援をし続けています。

      ドリプラが広がっていく

      話は変わりますが、先日ある中学校で、講演会をしました。
      終了後に声をかけてくれた中学生が、感動の一言!

      「福島先生!私、ティードリに出ます!」
      「テ・・・・ティードリ?なんで、知っているの?」
      「治療師の先生に教えてもらって・・・私の夢は、人を助ける治療師になることなんです!」

      ティードリとは、来年5月5日に開催を予定している子どもドリプラ(ティーンズ・ドリプラ)のことです。
      彼女は、ストレスが原因であごが外れる病気になって、ずっと学校を休んでいたそうです。それを直していただいた治療師の方から、ティードリのことを教えていただいたそうです。
      その日は、僕が来るというのでお母さんと一緒に学校に来てくれたということでした。彼女は最幸の笑顔で、うれしそうに話してくれました。
      夢を持ってから、彼女はとても元気になったそうです。

      こんな、素晴らしい体験ができるとは思っていませんでした?!
      子供たちが夢で生き生きしている僕の理想の社会がそこにあったんです!
      最高の幸せを感じました!
       この子たちのためなら、どんな苦労でも引き受けます。

      人生をかけて、全ての人が夢を語る社会をつくる

      ドリプラは僕の人生をかけた挑戦です。
      僕にはすべての責任を負う覚悟があります。
      それは、地球上のすべての人々が夢と勇気と笑顔で溢れた社会をこの人生をかけてつくっていきたいからです。
      それが、僕が生きている理由だからです。

      そのために、ドリプラはノウハウを全て公開して、ともに夢に溢れた世界を創る方々とともに、全国で開催しています。来年は1000か所以上での開催を目指しています。さらに、今年は中国・上海、シンセンでも開催し、今後は全世界に展開していきます。
      全国どこに行っても、ドリプラの仲間がいて、どんな場所でも大人たちが夢を語り合っている光景を創りだすために。

      ドリプラのコンセプト、「夢に挑戦し続ける大人たちの姿に子供達は心を奪われる」は、ドリプラが世界に送るメッセージです。
      未来を担う子供たちのために、最も大切なことは夢を与えることだと思っています。そのために不可欠なのが、すべての大人が夢を持ってワクワクしながら生きている社会をつくることです。

      だからこそ、年末東京で開催される「ドリームプラン・プレゼンテーション2010」は、夢の発表会というワクをはるかに超えた、夢で世界を埋め尽くすため、ここに来ることができない子供たちに夢と勇気と笑顔を届けるための社会貢献型イベントとして開催します。

      特徴は、以下の通りです。

      ☆夢を語ることに遠慮はいりません。夢に挑む人たちの姿が最も格好いい。
      だからこそ、今年は、東京のど真ん中の最高の舞台で、遠慮なく夢を語ります。
      赤坂プリンスホテル(12月9日-10日・予選会と夢交流会)とJCBホール(12月11日・本選)で3日間にわたって開催します。
      それぞれの会場は、とんでもなく素晴らしい会場です。そして、今まで見たこともない金額!の会場使用料にもワクワクしました。
      ここで、大人たちが夢を語ることができる!って考えただけで、すでに興奮しています。

      ☆今年のドリプラは、3日間にわたる世界最大の夢の祭典として開催します。
      参加方法は、2種類あります。
      12月11日の本選のみの参加だけでなく、12月9日-11日の3日間にわたって参加する特別なプレミアム・チケットをご用意しています。

      このプレミアム・チケットは、夢の発表会に参加するだけでなく、3日間にわたって約30人の夢を応援するスペシャリストや、夢をテーマに全国から集まってきた素敵な人たちと、とことん深く交流して、本当の夢の仲間をつくることができます。
      全国から夢を持ちたい人、夢でワクワクしたい人、夢を実現したい人など、最高に格好いい仲間達が集まってきます。
      みんな、とっても素敵な人たちです!

      3日間について詳しく知りたい方はこちら

      この3日間は、参加者は誰もが遠慮なく夢を聞き、夢を語り、相互に支援します。

      そして、夢を語った人たちは、他の参加者から感謝と支援を得ることができます。相互支援によって、参加者すべての夢が実現に近づきます。

      参加者が夢を聞き応援するだけでなく、集まった参加者全員がお互いの夢を相互支援によって、実現に近付けていくことです。

      このプレミアム・チケットの購入者には、次のような【ルール】があります。

      参加者みんなで創る最幸のホスピタリティ

      1. 会場内の参加者はみな、スペシャル・フレンドです!全国から集まったみんなが始めて会ったのにもかかわらず、とっても仲良く幸せな理想の空間です。
      2. 全員が名前を書いたプレートを胸に下げています。廊下でもエレベーターの中でも自由に声をかけて、夢を語り合うことができます。
      3. 声をかけられたり、廊下などですれ違ったりする時は、お互いに最高の笑顔であいさつします。
      4. 合言葉は、「夢!」と聞かれたら、「実現する!」と答えます。
      5. 会場内では、前向きな言葉だけを使用します。ワクワクな世界を参加者全員で創ります。
      6. 他人の夢を聞いたら、「素晴らしい!」「必ず実現しますよ!」「私は○○さんのために、○○をします。○○ができます」といったように、応援します。
      7. 頑張った人たちには拍手を、精一杯心を込めて送ります。素晴らしい発表者は、スタンディングオベーションで称えます。
      8. 「寒い!」と言った女性がいたら、近くの男性はさっと自分の上着をかけます。その時名前を聞かれたら、「ただの通りすがりの者です」と答えます。

      なぜプレミアム・チケットは社会貢献型なのか

      このイベントを通して、世界中の子供たちに夢を届けるための活動を行いたいからです。

      1. ここに来ることができない子供たちに夢の素晴らしさを伝え、子供たちの夢を応援します。
      2.    (A)ウガンダの元子ども兵たちへの支援
           (B)全国5000人の小学生に夢の授業
           (C)400名の中高生をJCBホール(本選)に招待
      3. 30名の日本を代表する夢の講師陣と3日間にわたって、深く楽しく交流します。

      4. 3日間、楽しいイベントを通して、いっぱい語り合い、本当の夢の仲間を全国に創ります。

      5. 夢の最高の舞台・ドリプラ2010を共に体験することで、自分の人生が変わります。

      6. 全国の地域、業界、会社を元気にしたい人たち向けに、誰もが元気になる感動と共感の夢のイベント「ドリプラ」の感動ノウハウを公開します。皆さんの地域で、皆さんがドリプラを主催して、地域を元気にすることができます!そして、ドリプラを主催することで、全国にドリプラ仲間ができます!!

      1. 子どもたちに夢の素晴らしさを伝え、子供たちの夢を応援する

      (A) テラ・ルネッサンスの鬼丸さんから、ウガンダの元子ども兵の子供たちに対する支援活動について、教えてもらいました。子ども兵として心を奪われた子供たちは、両親を殺害することもあるそうです。笑顔を忘れ、未来に希望のない彼らを救うのは、夢を持って生きることです。
      僕は、このドリプラを通して、何らかの方法で、彼らの支援をしたいと思いました。
      そして、今回はプレミアム・チケットの売上げの一部を、支援金としたいと思っています。

      (B) 全国の小学校の授業の中で、夢を描く機会をドリプラでつくっていきたいと思っています。
      今回の参加費の中から、全国5000人の小学生を対象に夢の授業を行う先生(ドリマ先生)を派遣する費用とします。
      子供達に夢の授業を広めているエムズさん、光文書院さんと共同で行います!

      (C) さらに、今回は、400名の子供たちを本選に招待したいと思っています。
      東京のど真ん中の最高の舞台で、遠慮なく夢を語り、みんながそれを応援する姿を、たくさんの子供たちに見せたいからです。

      2. 日本を代表する30名の夢の講師陣と3日間にわたって交流する

      史上最強の夢を応援する人たち約30名が大集合します。
       ドリプラのコンセプトに共感していただき、夢を応援する仲間として、今年は過去最高の夢のスペシャリスト達に集まっていただくことができました!

      夢の講師陣(順不同)

      • 株式会社エクスプローラ 代表取締役隊長       中村伸一さん

      • NPO法人テラ・ルネッサンス 理事長         鬼丸昌也さん

      • 有限会社ヒューマンスキルプラネット 取締役社長   篭池哲哉さん

      • 株式会社エ・ム・ズ 代表取締役           秋田稲美さん

      • ガイアモーレ株式会社 代表取締役          須子はるかさん

      • NPO法人ETIC 代表理事               宮城治男さん

      • 株式会社トレジャーファクトリー 代表取締役社長   野坂英吾さん

      • 株式会社ヤマオコーポレーション 代表取締役     鬼澤慎人さん

      • 社会福祉法人南高愛隣会 東京事務所 所長      武田牧子さん

      • 有限会社香取感動マネジメント 代表取締まられ役   香取貴信さん

      • 有限会社コンビクション レーシングドライバー    中野信治さん

      • 株式会社原田教育研究所 代表取締役社長       原田隆史さん

      • 株式会社ストーリアム 代表取締役          鈴木惣士郎さん

      • アタッカーズ・ビジネススクール エグゼクティブプロデューサー 加藤忠さん

      • 株式会社おいしいハート 代表取締役         石原奈津子さん

      • 有限会社てっぺん 代表取締役            大嶋啓介さん

      • 株式会社1NETの日経ゴルフ 代表取締役      本田晃一さん

      • 株式会社 エンパワーリング 代表取締役       上村光典さん

      • 株式会社ガイアックス 代表執行役社長CEO      上田祐司さん

      • 四国管財株式会社 お客様係&代表取締役       中澤清一さん

      • ネッツトヨタ南国株式会社 代表取締役会長     横田英毅さん

      • 株式会社ピークパフォーマンス 代表取締役      平本あきおさん

      • 楽天株式会社 楽天大学学長             仲山進也さん

      • 株式会社ウィズ 代表取締役社長           横井昭裕さん

      • 有限会社クロフネカンパニー 代表取締役       中村文昭さん

      • 有限会社クラブ・サンクチュアリ 代表取締役 軌保博光さん(てんつくマン)

      • NPO法人アイ・エス・エル 代表          野田智義さん

      • 株式会社ブグラーマネージメント 代表取締役社長   永田雅乙さん

      • ブースト・パートナーズ株式会社 代表取締役社長CEO 小田真嘉さん

      • 株式会社ピー・ビー・アイ 代表取締役        高木孝さん

      一生涯忘れられない3日間になります!


      3. 3日間で、本当の夢の仲間を全国に創る

      ここに集まる仲間はみな、全国各地域で夢でワクワクしながらている素敵な方々ばかりです!
      全国に夢の仲間ができます。
      夢は、他人の夢と共鳴しあうことで、一気に実現に近づいていくようになります。
      一人で夢を実現することが最も難しい。でも、みんながお互いに相手の夢を実現する支援をすれば、全員の夢が同時に叶います。

      4. 夢の最高の舞台を共に体験することで、自分の人生が変わります。

      夢に挑戦するプレゼンテーターの本気の姿に、感動の涙がとどめなく流れるでしょう。人は、本気の人との出会いで、人生が変わります。
      ドリプラは、すべての人の人生が、感動の人生に変わる場所です。

      5. 全国の地域、業界、会社を元気にしたい人たち向けにノウハウを公開します。

      ドリプラはそのノウハウを全て公開しています。それは世界を夢と勇気と笑顔でいっぱいにするためです。もともと、地方の活性化や企業の再建などでノウハウを構築してきたドリプラは、どんな地域、業種、会社でも、実施することができます。
      誰でもドリプラの主催者になることができ、そして、全国の仲間と相互支援によって、地域や業界・会社の発展に貢献することができます。

      「社会貢献型チケット」で、社会を変えたい。

      自分が楽しむことで、世界中で困っている人たちに貢献することができる社会貢献型チケットを広めていきたいと思っています。
      今回のドリプラでは、その参加費の一部を社会に貢献するために活用いたします。この社会貢献型プレミアム・チケットの考え方を真似ていただきたいと思っています。それによって、コンサートや演劇などの、さまざまなイベントの中で得られた収益の一部を、社会に貢献することができるという仕組みを世界中に定着させていきたいと思っています。

      夢が、宗教と国境を越えて、世界を一つにする。

      僕は、人生のすべてをかけて、このイベントに取り組みます!


      ドリームプラン・プレゼンテーション実行委員長
      福島正伸

このページのトップへ