すべての人が夢を語る社会に向けて

実行委員長より

ドリプラにかけるおもい

写真:ドリプラにかけるおもい

ドリプラはわずか10分間で、その事業の価値を体験的に伝える今までにない夢の発表会です。発表者は、事業の説明ができません。
その事業が成功した時の最高の魅力を誰にでもわかるように伝える体験型のプレゼンテーション大会です。

夢を探している人や夢に挑戦している人にとって、この日は、人生を変える伝説の一日になると確信しています。

  • 夢を信じること
  • 自分を信じること
  • 仲間を信じること

ドリプラは、すべてを信じることから始まります。

子供たちは、まわりの大人の生き方から、大きな影響を受けながら育っていきます。
夢に挑戦する大人の姿に、子供たちは心を奪われます。
そして、子供たちが夢を持てば未来が変わります。

このイベントを開催しようと思った理由

私は以前、いくつもの大手企業や行政の新規事業の審査員をやってきました。その中で、とてもつらい経験を何度もしました。それは、夢を発表した人が、他の著名な審査員からその弱点を厳しく指摘され、やる気をなくしてしまう光景でした。さらに、その光景を見て、新しい事業は自分にはできないとあきらめてしまう人々がいたことでした。

指摘されていること正しいのですが、より大切なことは、

  • 発表者が、夢に挑戦する強い意志を育むことなのではないか
  • みんなで支援をすることで、その夢が実現する可能性を高めることなのではないか

こう思いました。
すべての夢は、はじめは不完全なものです。しかし、みんなが応援することで、その夢はより具体化し、より価値のあるものになっていくのだと思います。
私はその時、審査するよりも、支援する夢の発表会を開催したいと思いました。
夢を発表した人が輝き、尊敬され、まわりの支援を集めて、その夢を実現する発表会です。

ドリプラを通して

私は、ドリプラを通して、

  • 本当に新しい価値を提供してより良い社会を創造することができる人材が一人でも多く育つこと
  • すべての人が夢を持つ権利を持っていること
  • そして、みんなが助け合うことで、どんな夢でも実現することができるということ

それらを世界中に伝えていきたいと思っています。

そして、すべての人が夢と勇気と笑顔に溢れた社会を創りたいと思います。

大会実行委員長 福島正伸

このページのトップへ